5月4日生まれの俳優・女優・監督|本日はオードリー・ヘプバーンの『ローマの休日』

今日生まれの有名人は大物俳優が二人いたので、どちらにしようか迷いましたが、洋画好きのアルベルトは【オードリー・ヘップバーン】ということにさせていただきました。

悩んだのは森繁久彌さんのことです。

今更【オードリー・ヘップバーン】の説明もあれかと思いますが、簡単に彼女を説明してみます。

ヘプバーンの経歴や生まれ

オードリー・ヘプバーン

ヘプバーンはベルギーの首都ブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期の殆どはベルギーで過ごしています。第2時い世界大戦の真っ只中に、ドイツ軍が占領していたオランダにも住んでいたこともあります。

ヘプバーンの母方の家系は貴族・政治家ですが、当時のエピソードを見ても裕福ではなく、母屋が下働きで生活を支えていたようです。

彼女の資料の中に本名を【エッダ・ファン・ヘームストラ】とするという物があるのですが、ヘプバーンという名前があまりにもイギリス的すぎる名前で危険だからと、母親が偽名を名乗らせていたために残った名前のようです。当時は混沌とした世界情勢だったのが想像できますね。

イギリスで本格的に女優に転身

オランダにわたってからはヘプバーンはバレエを中心に習い、19歳の時にイギリスのロンドンに渡ります。(ヘプバーンの父親がイギリスの市民権を持っていた関係)

イギリスで女優生活をスタートさせたが直ぐには成功せず、舞台女優を続ける生活が続く。数年後の24歳の時に、初主演作【ローマの休日】に出演し、これが大ヒット!アカデミー主演女優賞のほかに、英国アカデミー最優秀主演英国女優賞、ゴールデングローブ主演女優賞を総なめにするという快挙で、瞬く間に時の人になっていきます。

その後は【麗しのサブリナ】【昼下りの情事】【尼僧物語】【ティファニーで朝食を】【シャレード】【マイ・フェア・レディ】等、人気・ヒット作を連発し、名実ともに大スターになっていきます。

晩年はユニセフの親善大使でボランティアに没頭

38歳の時に一度家庭生活に専念するという理由で、ハリウッドから引退をしていますが、10年ほどしてからもう一度復帰します。

晩年はユニセフ親善大使として世界各地を廻る生活をして過ごし、63歳という若さで死去する。

ヘプバーンはなくなってからも映画会で評価され続け、死後にグラミー賞、トニー賞を獲得し数少ないアカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ女優になり、米国映画協会が選ぶ「最も偉大な女優50選」では3位に選ばれている。

因みに1位は【招かれざる客】キャサリン・ヘプバーン2位は「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれた【ベティ・デイヴィス】です。

今日のイチオシ映画はローマの休日

【ティファニーで朝食を】も好きな映画ですが、やはり彼女のデビュー作で最大のヒットを放つ【ローマの休日】を外す訳にはいかないだろうと今日の映画に選びました。

ヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女アンは、ヨーロッパ各国を表敬訪問中であった。最後の滞在国であるイタリアのローマで、過密なスケジュール、疲労感と自由のない生活への不満により、ついにアンはヒステリーを起こしてしまう。

その夜、密かに城を抜けだした王女は、直前に打たれていた鎮静剤のせいで無防備にも路傍のベンチでうとうとしはじめる。そこに通りかかったのが、アメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレーだった。見かねて介抱するうち、いつの間にか王女はジョーのアパートまでついて来てしまう。
翌朝になって彼女の素性に気づいたジョーは、王女の秘密のローマ体験という大スクープをモノにしようと、職業を偽り、友人のカメラマンであるアーヴィングの助けを得て、どうにか王女を連れ歩くことに成功する。

アンはまず美容院で髪の毛を短くし、スペイン広場でジェラートを食べる。その後ジョーとベスパに二人乗りしてローマ市内を廻り、真実の口を訪れ、サンタンジェロ城前のテヴェレ川でのダンスパーティーに参加する。その様子をアーヴィングが次々にスクープ写真を撮っていくうち、永遠の都・ローマで自由と休日を活き活きと満喫するアン王女とジョーの距離は次第に近づいていくのであった。

出典 Wikipedia
Roman-Holiday-audrey-hepburn

白黒の映画なので、若い人にはほとんど馴染みの無い映画だと思いますが、見どころはなんといっても、ヘプバーンの可愛さでしょうか?

演技ももちろん素晴らしいのですが、なんとも言えない大人と少女の入り混じった魅力が、白黒映画だからこそ余計に際立って見えます。

ここまでスクリーンの中でオーラを出す女優は中々いないんじゃないでしょうか?古い映画だと先入観を持たず見てもらえれば、きっと名作だと呼ばれる理由がわかると思いますよ。

U-NEXT』では、【ローマの休日】【シャレード】が配信されています。

ヘプバーンにハマったらぜひ【ティファニーで朝食を】も見てみて下さい。

その他の5月4日生まれの映画関係者

1913年5月4日 森繁 久彌 (もりしげ・ひさや)
1929年5月4日 仲谷 昇 (なかや・のぼる)
1929年5月4日 オードリー=ヘップバーン (Audrey Hepburn)
1936年5月4日 正司 花江 (しょうじ・はなえ)
1943年5月4日 真理 明美 (まり・あけみ)
1947年5月4日 リチャード=ジェンキンス (Richard Dale Jenkins) 
1953年5月4日 江原 正士 (えばら・まさし)
1955年5月4日 佐藤 祐四 (さとう・ゆうし)
1956年5月4日 馮 智英 (ひょう・ちえ)
1967年5月4日 榎田 道子 (えのきだ・みちこ) 
1967年5月4日 笠原 竜司 (かさはら・りゅうじ)
1967年5月4日 矢島 晶子 (やじま・あきこ)
1968年5月4日 長谷川 潤 (はせがわ・じゅん)
1969年5月4日 小池田 マヤ (こいけだ・まや)
1971年5月4日 伊東 孝明 (いとう・たかあき)
1971年5月4日 大沢 秀高 (おおさわ・ひでたか)
1971年5月4日 田野 聖子 (たの・せいこ)
1974年5月4日 真田 幹也 (さなだ・みきや)
1975年5月4日 観月 香里 (みづき・かおり)
1976年5月4日 大山 アンザ (おおやま・あんざ)
1977年5月4日 竹内 康晃 (たけうち・やすあき)
1978年5月4日 飯塚 ひより (いいづか・ひより)
1984年5月4日 ナム=サンミ (Nam Samg-Mi)
1992年5月4日 近内 里緒 (こんない・りお)

このページの先頭へ