4月29日生まれの俳優・女優|本日は【ユマ・サーマン 】の『パルプフィクション』

ユマ・サーマン

本日4月29日生まれのピックアップ人物は女優の【ユマ・サーマン】に決定です。

ユマ・サーマンはもともと16歳でニューヨークに渡り、モデルとして活動をはじめました。

その後直ぐに女優に転校し17歳の時、【ミッドナイトガール】で本格的に女優デビュー。

【バロン】【ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女】で活躍が認められると、瞬く間にスターの未知を駆け上がっていきます。

そして1994年24歳の時に【クエンティン・タランティーノ】監督総指揮による映画【パルプフィクション】に出演します。

その後もタランティーノ監督に気に入られ、後のキルビル出演にまで至ります。

【キル・ビル】の撮影直前、ユマの妊娠が発覚したにも関わらず1年間撮影を伸ばしてまで、タランティーノ監督は彼女に主演を依頼しました。

ユマ・サーマンの出世作パルプフィクション

ということで本日のおすすめ映画は
【パルプフィクション】
ディック・デイル&デルトーンズのヒット曲【Misirlou】の軽快な音楽に乗せて、独特の世界観が出ている映画です。

映画の大枠はマフィアの中の人物のそれぞれの出来事を描いた作品です。

各人物ごとに短編っぽく作られているのですが、別々のはずのストーリーが実は微妙に絡まり合っていく感じが【タランティーノ】の世界観が出ていると思います。

「あっこれって!」みたいな感じでリズムよく話が進んでいくので、茂木先生ではないですけど、小さな「アハ」が体験出来てテンションが上がって行くんですよね。

主演は【ジョン・トラボルタ】?【ユマ・サーマン】?【ブルース・ウィリス】?で特に誰が主役とかはないようですね。

軽快でサクッと見れてリズムが良く、ちょっとおっちょこちょいのトラボルタも見れるという、そんな感じの映画です。

実はキル・ビルも面白いんですけどね

2003年公開の【キル・ビル】の方を今日の映画にしようかと思ったんですけど、AmazonインスタントビデオにもHuluにもU-NEXTにも見れるのがなかったので、選べませんでした。

【ユマ・サーマン】主演の【キル・ビル】も面白いのでオススメです。

【キル・ビル】は鬼才タランティーノが監督だけあって、随所にタランティーノらしいワールドが散りばめられています。

完全バージョンのオリジナル作品はR15指定となる、過激で、残虐シーンも多い映画です。

当時【北野武】監督の【バトル・ロワイアル】で注目を集めていた栗山千明に目をつけ、大抜擢をしたことで日本のファンにも馴染みが深い映画かもしれません。

当時19歳だった栗山千明がユマ・サーマンと激闘するシーンでは鎖に鉄球の武器を駆使し、残酷な殺し屋役を演じています。

アルベルトは当時映画館に観に行きましたが、結構な衝撃を受けたのを覚えています。

【タランティーノ】監督は深作欣二や、黒沢明監督、そしてアジア文化に非常に傾倒していて、キル・ビルのエンドロールでは哀悼の意を述べているほどです。

完全なクレージー映画ですが、天才、鬼才【タランティーノ】が放つなんとも不思議な映画をぜひ見て下さい。

ユマ・サーマンの主な出演作品

【出演作品】
【マリリン・モンロー 瞳の中の秘密(2012)】
【ベラミ 愛を弄ぶ男(2012)】
【パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)】
【New York 結婚狂騒曲(2008)】
【ダイアナの選択(2008)】
【Gガール 破壊的な彼女(2006)】
【プロデューサーズ(2005)】
【Be Cool/ビー・クール(2005)】
【キル・ビル Vol.2(2004)】
【ペイチェック 消された記憶(2003)】
【ユマ・サーマンの運命の人を探して(2002)】
【テープ(2001)】
【チェルシーホテル(2001)】
【金色の嘘(2000)】
【宮廷料理人ヴァテール(2000)】
【ギター弾きの恋(1999)】
【レ・ミゼラブル(1998)】
【アベンジャーズ(1998)】
【ガタカ(1997)】
【バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲(1997)】
【デューク・オブ・グルーブ(1996)<TVM>】
【好きと言えなくて(1996)】
【ウイットネス(1995)<TVM>】
【ビューティフル・ガールズ(1995)】
【湖畔のひと月(1995)】
【パルプ・フィクション(1994)】
【ジェニファー8(エイト)(1992)<未>】
【ロビン・フッド(1991)】
【ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女(1990)】
【バロン(1989)

4月29日生まれの映画・アニメ関係者

1902年4月29日 三津田 健 (みつだ・けん)
1907年4月29日 フレッド・ジンネマン (Fred Zinnemann)
1908年4月29日 ジャック・ウィリアムスン (Jack Williamson)
1917年4月29日 セレステ・ホルム (Celeste Holm)
1920年4月29日 岸本 吟一 (きしもと・ぎんいち)
1922年4月29日 千石 規子 (せんごく・のりこ)
1923年4月29日 アーヴィン=カーシュナー (Irvin Kershner)
1925年4月29日 山内 久 (やまのうち・ひさし)
1929年4月29日 塚本 哲也 (つかもと・てつや)
1930年4月29日 岸田 今日子 (きしだ・きょうこ)
1930年4月29日 横山 まさみち (よこやま・まさみち)
1931年4月29日 高林 陽一 (たかばやし・よういち)
1932年4月29日 海野 かつを (うみの・かつを)
1932年4月29日 白井 佳夫 (しらい・よしお) 
1934年4月29日 岩下 浩 (いわした・ひろし)
1934年4月29日 宝田 明 (たからだ・あきら)
1936年4月29日 蓮實 重彦 (はすみ・しげひこ)
1953年4月29日 河原崎 洋央 (かわらざき・ひろお)
1955年4月29日 田中 裕子 (たなか・ゆうこ)
1955年4月29日 ケイト・マルグルー (Kate Mulgrew)
1957年4月29日 ダニエル・デイ=ルイス (Daniel Day Lewis)
1958年4月29日 ミシェル・ファイファー (Michelle Pfeiffer)
1959年4月29日 和 由布子 (かず・ゆうこ)
1960年4月29日 佐藤 直子 (さとう・なおこ)
1961年4月29日 大森 美紀子 (おおもり・みきこ)
1961年4月29日 立木 文彦 (たちき・ふみひこ)
1962年4月29日 戸田山 雅司 (とだやま・まさし)
1964年4月29日 なかむら よしこ (なかむら・よしこ)
1965年4月29日 ヘイデル龍生 (へいでる・たつお)
1970年4月29日 ユマ・サーマン (Uma Thurman)
1970年4月29日 末広 京子 (すえひろ・きょうこ)
1971年4月29日 春名 和昭 (はるな・かずあき)
1972年4月29日 島 涼香 (しま・りょうか)
1974年4月29日 北村 有起哉 (きたむら・ゆきや)
1976年4月29日 河原木 志穂 (かわらぎ・しほ)
1978年4月29日 三上 裕子 (みかみ・ゆうこ
1979年4月29日 水瀬 葉月 (みなせ・はづき)
1981年4月29日 乾 曜子 (いぬい・ようこ)
1983年4月29日 笠原 秀幸 (かさはら・ひでゆき)
1983年4月29日 白鳥 百合子 (しらとり・ゆりこ)
1985年4月29日 榎本 亜弥子 (えのもと・あやこ)

このページの先頭へ