映画・ドラマ・アニメ・動画配信サービス徹底比較|2015完全保存版

※随時更新中
映画・ドラマ・アニメファンには嬉しい動画配信サイト。各社乱立気味にサービスが立ち上がってきていますが、結局どのサービスを選んだらいいのか分かりにくいんじゃないでしょうか?

実際アルベルトも海外ドラマ好きで、映画・ドラマ・アニメ見放題サイトが気になっていたのですが、いざ契約するとなるとさんざん迷いました。

その時に動画配信サイトを全て調べましたので、各サービスの特徴などをまとめてみます。サービスの変更もたくさんあるので随時修正追加していきますが、とにかくめちゃめちゃ長くなっているのでブックマークを強くおすすめしますwもしくはツイッターで更新情報を流しますのでフォローしていただけると最新情報を届けることが出来ます。

たくさんあるのでポイントだけをまとめたページも用意しました。
まとめだけをまとめたバージョン
映画・動画の見放題サービスの選び方はこちらにまとめてます。
映画・動画見放題サービスの選び方

おおまかに区分すると、

  • 月額料金だけで完全に見放題
  • 月額見放題が基本だが、最新作などPPVでの個別課金
  • 完全にPPVでの配信で各コンテンツに料金がかかる

その他にも【WOWOWオンデマンド】や【TSUTAYADISCAS】など宅配DVDレンタルやメンバー制のサイトも有りますがココでは取り上げません。あくまでもPCやTVだけで見れるストッリーミング配信サイトのみに限定していきます。

目次

1,完全見放題
 1-1,『Hulu』
 1-2,『dアニメ』
2,見放題とPPV
 2-1,『U-NEXT』
 2-2,『楽天ShowTime』
 2-3,『dビデオ』
 2-4,『バンダイチャンネル』
 2-5,『TSUTAYA TV』
 2-6,『DMM.com』 
 2-7,『もっとTV』 
 2-8,『GyaO!ストア』 
3,完全PPV
 3-1,『Amazonインスタントビデオストア』※未編集
 3-2,『Itunes』※未編集
 3-3,『YouTube映画』※未編集

完全見放題サービス

Hulu

Hulu

HuluのTop画面

当サイトからの申込件数でも常にトップにランクインして、一番人気なのが『Hulu』

完全見放題の数少ないサービスを提供している貴重な存在で、価格も月額933円と非常に低コストです。その他の料金は一切かからないのは安心。

コンテンツの配信数も正式には発表していませんが、20,000作品以上は配信されています。

『Hulu』の強みは何と言っても海外ドラマに強いことです。もともと【20世紀フォックス】【ディズニーABC】【ウォルトディズニー】【ソニーピクチャーズ】【ワーナーブラザーズ】等が共同で出資して作った会社なので、当たり前といえば当たり前ですね。

更に特徴として、現在考えられる端末ならほぼ全てに対応しているという『マルチデバイス』です。

他社では少し見れるデバイスに偏りがあるのですが、スマフォやPCはもちろんゲーム機、最近では【AmazonファイアーBox】なんかにもいち早く対応しています。『Hulu』を契約すればほぼどんな端末でも見れると思って間違いないです。

弱点を上げると、映画や新作のドラマなんかは少し弱い部分もあります。どうしても直ぐに新作が見たいと言う映画ファンには多分物足りないと思います。

ただ今後は日テレの傘下に入ったことで、この辺りも改善する意向を表明していますから、改善されていくと思います。
「Huluが日テレの傘下に入ったことでどう変わる?」

既に日テレの傘下に入ってから、日本のドラマやアニメも多くなってきています。日本のドラマは現在放送中の見逃し配信も始まるなど、他社のサービスよりコンテンツ量は多くなってます。

Huluのまとめ
視聴可能機器TVレコーダースマフォタブレットPCゲーム機AppleTVその他

月額933円という低価格で完全に見放題なので、海外ドラマ・映画好きなら、『Hulu』を選んでおけばまず間違いないと思います。

良い所

◎ 月額933円以外一切追加料金無しで見放題
◎ 海外ドラマは特にコンテンツが豊富
◎ ほぼ完全なマルチデバイス対応
◎ 無料期間が14日間と長い

ちょっと気になる点

△ 最新映画が少ない

dアニメ

dアニメ

dアニメのTop画面

ドコモと角川グループがタッグを組みアニメのコンテンツを提供しているのが『dアニメ』

いあっまではドコモユーザーしか見ることが出来なかったサービスですが、最近キャリアフリーを実現し国内キャリアならソフトバンクユーザーでもAUユーザーでも誰でも見れるようになりました。このことも追い風になり現在会員数50万ユーザーを突破した注目のアニメ見放題サービスです。

すべての動画が月額400円(税抜き)で見放題になり、他には一切料金がかかることはないのも安心のサービス。

作品タイトルは90015,000話と『バンダイチャンネル』の半分となりますが、月額の価格も半分なので、アニメ好きライトユーザーには納得のサービスでしょう。

基本的にストリーミング配信ですが、Android・iPhoneなどのスマフォではダウンロード配信にも対応しているのも特徴です。これにより、電波の弱いところでも事前にダウンロードしておけば安心して試聴することが出来ます。

更に、現状はまだまだ作品数は少ないものの、PC用にHD画質での配信も増やしてきています。

視聴可能デバイス
スマフォ・タブレット・PC、そして【dスティック】を使えばTVでの観覧も出来るようになっています。【dスティック】対応の作品はまだ少ないですが、順次拡大されているので、そのうちすべての動画で対応されると思います。

dアニメのまとめ
視聴可能機器TV(要dスティック)スマフォタブレットPC

気軽に登録できて作品数も1,000近いので、ライトなアニメ好きには魅力的なs-ビス。しかし視聴スタイルが限られるなどアニメをたくさん見たい向きにはやや不満が出るかも。アニメ好きでガッツリ見たいなら『バンダイチャンネル』の方が良いと思います。

良い所

◎ 月額400円以外一切追加料金無しで見放題
◯ 作品数はバンダイチャンネルに次ぐ多さ
◯ 一応【dスティックを使えばTVでも視聴可能】

ちょっと気になる点

✕ アニメ好きには物足りないラインナップ

月額見放題が基本だが、最新作などPPVでの個別課金のサービス

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTのTop画面

コンテンツの量が国内トップの『U-NEXT』

見放題の映画配信数が最も多いですが、新作の配信も早いのが特徴です。

株式会社USENが運営するだけあって、コンテンツの量には他を寄せ付けない圧倒的な配信数を持っています。

2014年5月現在で『95,219本』です。

日本ドラマも【日テレ】【テレ朝】【フジテレビ】【TBS】【TV東京】オンデマンドが『U-NEXT』に配信しているので、国内ドラマの配信本数ではNO1なのも魅力でしょう。

現在放送中のテレビドラマも、見逃し配信でリアルタイムに見ることが出来るので、ドラマファンにも嬉しいところです。

アニメに関しても幅広く取り揃えています。話題の【進撃の巨人】や子供に大人気【名探偵コナン】懐かしの【ジョジョの奇妙な冒険】【ルパン三世】など余程のアニメマニアでなければ、納得のラインナップですから、家族で楽しむのにも向いているんじゃないでしょうか。

少し気になるのが、試聴するときの安定性です。スマフォのアプリが少し癖があり、ちょっと使いにくい印象を受けます。さくさく使える『Hulu』に比べるとこの点は若干気になるところです。

家族でという点では、『ファミリーアカウント』機能があります。

1アカウントで、4つのファミリーアカウントを持つことが出来るサービスです。マルチアカウントに対応している『U-NEXT』では別々の端末で、それぞれ違う番組を同時試聴することが出来ます。

同じ番組は同時視聴ができないのですが、違う番組であれば4人まで別々に試聴することが可能です。

ドラマ等は、別の放送回であれば別番組としてみてくれるようです。これは公式サイトに聞いて確認済みです。

ライバルの『Hulu』では同時視聴は原則できませんので、家族で複数の番組を見るのであれば、大いに選択する価値があると思います。
Huluでの同時視聴は可能か?

『ファミリーアカウント』はそれぞれ、視聴制限ができるので、子どもにはR15指定できたりと何かと便利ですが、唯一アダルトカテゴリだけは、メインアカウントでしか見ることが出来ません。

『U-NEXT』では他の見放題サイトではほとんど配信していない、【アダルトジャンル】が豊富なのもメリットになるんじゃないでしょうか。

『U-NEXT』のまとめ
視聴可能機器TVレコーダースマフォタブレットPCその他

「月額1,990円で家族みんなで楽しめて、映画やアニメ・ドラマなど幅広くコンテンツを楽しみたい」更に「最新映画も見たい」ような欲張りな人にはピッタリのサービスだとアルベルトは思います。

良い所

◎ 配信動画が90,000本以上と圧倒的なコンテンツ量
◎ ファミリーアカウントで家族皆が同時に視聴できる
◎ PPVで最新の映画・ドラマにも対応
◎ 無料期間が31日間と最長

ちょっと気になる点

△ 操作性にやや難あり?

楽天ShowTime

楽天ShowTime

楽天ShowTimeのTop画面

USENと共同で立ち上げたサービスを楽天が買取り、楽天ビデオと統合して新たにスタートしたサービスが『楽天ShowTime』になります。

月額料金が毎月280円(税抜き)で15,000コンテンツが見放題になるサービスです。

※追記 2015年から完全無料で見放題に変更になりました。嬉しい!

無料のメール登録だけでも見れる作品は5,000コンテンツほどあるのですが、あまり見るべきものがないのと、あってもドラマの一話だけという場合が多いので、登録前に試すぐらいの用途になるでしょうか?

実質的にPPVでの利用をイメージしたほうが良いサービスではないかと思います。

他サービスとの違いは、『U-NEXT』などのように個別課金や全話パックなどはもちろんあるのですが、ジャンルでのパック購入が出来る点です。

例えばアニメ好きなら、基本料金280円500円をプラスすればパックに含まれるアニメは見放題になります。

他にも『宝塚オンデマンド』『フジテレビオンデマンド』『韓流ドラマパック』『パチ・スロ サイトセブンTV マンスリーパック』など個性的なラインナップになっていますので、自分の好きなジャンルがハマるのであれば、利用する価値はあると思います。

PPVも合わせるとコンテンツに関しては100,000コンテンツと、他社サービスの中でもトップクラスなので、見るものに困るということはないかと思います。

中でも『楽天ShowTime』のコンテンツで一番豊富なのは【韓流ドラマ】ですね。ここまで韓流ドラマが豊富なサービスは他にはありません。

しかし韓流以外の海外ドラマ好きなら、見放題で見れる作品は殆どありませんので(大体個別課金)登録してもメリットが少ないかも?

映画に関しても新作【ゼログラビティ(400円)】【そして父になる(400円)】等、豊富に揃っているのですが、全て個別に購入することになります。ここが気になるところで、基本料金がかからないのであれば、『Hulu』などのサービスと併用すると使い勝手が良いと思うのですけどね。

※完全無料で基本料金がかからなくなりましたので、使い勝手は一気に良くなりました!

『楽天ShowTime』の料金は全て楽天ポイントを使用して支払いも可能なので、普段から楽天市場などを使ってる人は便利に使えるんじゃないでしょうか?

『楽天ShowTime』のまとめ
視聴可能機器スマフォタブレットPC

「普段はたまにドラマとかを楽しんで、最新作とかが出たらすぐに見てみたい」「楽天ポイントを有効に使いたい」人は『楽天ShowTime』に登録すると幸せになれると思います。

良い所

◎ 配信数が100,000本以上とコンテンツが圧倒的に多い
◎ 楽天ポイントが使える唯一のサービス
◎ PPVで最新の映画・ドラマにも対応
◎ マニアックなジャンルのパック料金がある

ちょっと気になる点

基本料金が毎月かかる無料になりました!
✕ TVで試聴できない(2014年末までに対応予定)

dビデオ

dビデオ

dビデオのトップ画面

天下のドコモ様がとうとう本気で参入してきた『dビデオ』月額500円からと格安の料金にもかかわらず、20,000タイトル92,000本と国内でも最高レベルの配信数は驚愕。

配信されている中でも特に強いのが海外ドラマですね。もともとこの分野は『Hulu』の独壇場だったのですが、格安料金と相まってこれからかなり伸びていくと思います。

配信されている内容を見ても全くHuluに引けをとらないくらいのレバルになっています。

更に『dビデオ』は最新の映画もPPVで対応しているのも魅力的。海外ドラマを重視すると今までは『Hulu』しか選択肢がなかったのが、海外ドラマ好きはどちらを選ぶか迷うところでしょう。先ずは7日間の無料お試しがあるので、最初に『Hulu』その後に『dビデオ』を試してみるという使い方が今のところ正解のような気がします。

どちらもメジャーな作品においてはほとんど網羅しているのですが、細かい配信内容は若干違いますので、実際に試してみることをおすすめします。

アニメに関しては『dアニメ』と『dビデオ』は明確に配信作品が分かれており簡単に言うと『dアニメ』は大人向け作品、一方『dビデオ』は家族で楽しめる作品という位置づけになります。

視聴スタイル
ダウンロード視聴とストリーミングでの視聴どちらにも対応しています。視聴できる端末はスマフォ・タブレット・PC・TVですが、TVで見るためには【dstick】【ChromeCast】どちらかの機器か直接接続するHTMLコードが入りますので注意が必要です。この点はちょっと不便といえるところです。月額料金が500円でも追加機器の負担が5,000円以上かかってしまいます。

料金など
基本的に500円で見放題ですが、新作の映画やドラマはPPVで見ることになります。ただ、8割以上は見放題で見れる作品なので、入って損したということはないと思います。

ドコモのユーザーは決済にかんたんケイタイ払いが利用できるので、新たにクレジット等の入力も必要ないのでさくっと試すことが出来ます。他のキャリアから使うユーザーの支払い方法はクレジットカードだけなので注意して下さい。
クレジットカードについてはこの記事でまとめてます。
クレジットカード無しで動画見放題

『dビデオ』のまとめ
視聴可能機器TV(外部機器別売り)スマフォタブレットPC

現在の動画配信サービスの中ではトップクラスの配信数なので作品数が少なくて嫌だということはないと思います。映画やドラマを気軽に楽しみたいという人には最適なサービスだと思います。
操作感もさくさくなので使っていても使いにくいという印象はないですが、どちらかと言えばスマフォやタブレットのほうが使い勝手は良いかなという印象です。
とにかく月額500円でこれだけの作品が楽しめるので、まだ何処のサービスか決めかねている人は7日間の無料お試しをしてみるといいと思います。現在はSoftBankやAUユーザーでも登録できる様になっています。

良い所

◎ 20,000タイトル92,000ホント国内最高水準の配信作品
◎ 月額500円で見放題という最安値の料金
◯ 難しい設定など必要なくスマfpからかんたんに登録できる

ちょっと気になる点

✕ TVでの視聴に別の機器が必要
△ 海外ドラマはやはりHuluに負けるかも

BANDAI CHANNEL(バンダイチャンネル)

BANDAIチャンネル

バンダイチャンネルのTop画面

バンダイチャンネルはアニメ専門の動画配信サービスです。

元々はPCでやスマフォ向けにアニメを配信していたのですが、2011年に月額1,080円でアニメ見放題のサービスを開始します。

現在は2,000以上の作品13,000話のアニメを配信しています。

スタートの頃は同社の作品を主に配信していましたが、今では40社近くのコンテンツ業者から配給されているので、アニメに関してはほとんど網羅していると言ってもいいと思います。

そしてPC・スマフォ向けのサービスだったのですが、ようやく最近TVでも『バンダイチャンネル』が見れるようになりました。

アルベルトは映画やドラマがメインなので出来ればTVの大画面で見たいと思いますが、アニメ好きも同じような感じなんですかね?

アニメはほとんど網羅しているので、ほぼアニメファンなら満足できると思いますが、月額1,080円の見放題よりPPVでの配信が多いように感じます。

例えば『機動戦士ガンダム』『はじめの一歩』などを見てみると、無料で1話は見れて、その後は1作品324円とか言う感じになってます。

まとめてパックがあるので全24話3,240円/30日間、第2話~第12話1,620円/14日間みたいな料金設定ですね。

『機動戦士ガンダムUC』なんかだともう少し高くなります。

このへんは作品が好きな方なら、問題無いと思いますし、特定の作品に絞って見たい人は、月額見放題の会員になるより、無料の会員登録をしておいて、別途作品ごとにPPVで購入するというスタイルがいいんじゃないでしょうかね?

この辺りはアニメにそれほど詳しくないですので、スイマセン。

因みに見放題で見れる作品上位には
【TIGER & BUNNY】 
【機動戦士ガンダムシリーズ】
【進撃の巨人】
【コードギアス】
【境界線上のホライゾン】
【エウレカセブンAO】
【アイカツ!】
【モーレツ宇宙海賊】
【アイドルマスター】
【とある魔術の禁書目録】

等が並んでいて、全て全話見放題になっています。

実はアルベルトは【進撃の巨人】だけを見るのに、一ヶ月だけ登録しましたけどねw

アニメを見るなら『dアニメ』という選択もあるにはあるのですが、配信数は『バンダイチャンネル』よりかなり少ないですし、何よりTVで見ることが出来ません。

アニメ好きなら、後は1,080円/月の見放題を基本契約するほうが良いと思います。

バンダイチャンネルのまとめ
視聴可能機器TVレコーダースマフォタブレットPCWii U

アニメが好きなら、『バンダイチャンネル』の一択で間違いないと思います。他とは比べ物にならないくらいの配信量です。

良い所

◎ アニメの配信本数は圧倒的に多い
◎ 最新作の配信も見放題で見れる事が多い
◎ PPVで最新のアニメにも対応
◎ 無料期間が残念ながら無いが無料登録で見れる番組多数

ちょっと気になる点

△ TVで見れる作品は限られている

TSUTAYA TV

TSUTAYA-TV

TSUTAYA-TVのtop画面

レンタル業界ナンバーワン企業『カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)』が運営する『TSUTAYA』

ここまでVODサービスが広まってくるまでは。、殆どの人はTSUTAYAを利用していたんじゃないでしょうか?

その『CCC』が運営するのが『TSUTAYA TV』です。

レンタル界の大御所が運営するだけあって、作品数は40,000本以上と豊富なのが特徴なのですが、実店舗や『TSUTAYA DISCAS』のDVD・BDレンタルよりは作品数は少なくなります。

視聴スタイル

基本的に個別の作品をPPVででレンタル・セルで見る方法と、【セレクトプラン】という月/20作品まで視聴可能なプランに加入するかどちらかでの視聴になります。

【セレクトプラン】は毎月¥1,008/月で登録すると、月初に20枚のレンタルチケットが届きます。そのチケットを使って作品を見るというスタイルなのですが、残念なのは次の月に持ち越し出来ないところです。

コンスタントに3作品以上見る人にはお得なプランになってますが、全く見ない月もある人には向いていないかもしれません。

個別のPPVはレンタルとセルwo選べるようになっていて、レンタルだと48時間以内の視聴が可能なのですが、セルで購入してしまえば、企業が存続する限り永久に試聴することが出来ます。

『TSUTAYA TV』でおすすめなのが、ダウンロードしてから視聴できる機能です。

一度ダウンロードしてしまえば、ネット回線がないところでもオフラインで視聴できるので、旅行で海外へ行くときや、電波の弱い所へ出かける際に利用すると、便利に使えると思います。

ダウンロード視聴出来るサービスは中々ないので、移動の多いサラリーマンの人には向いているサービスだと言えます。

登録するだけなら無料で出来ますので必要なときだけ使うという使い方にも向いています。

視聴可能デバイス

見ることが出来る端末はTV・PC(Windowsのみ)・アンドロイドスマフォ・iPhone・iPad・PSvita TVになります。

残念ながら、MACには対応していないので、MACパソコンで見ようと思っている方は注意して下さい。

『TSUTAYA TV』のまとめ
視聴可能機器TVスマフォタブレットPC(Winのみ)PSvitaTV

「映画やドラマの新作をいち早く見たい」「普段はあまりみないがたまにレンタルしてみてみたい」人は登録さえしておけば幸せになれると思います。
セレクトプランに入る人は「毎月3本以上はレンタルしてみる」なんかがお得に使えます

良い所

◎ 新作に強い
◎ T-pointが貯まる
◎ PPVで最新の映画・ドラマにも対応
◎ ダウンロード視聴ができる数少ないサービス

ちょっと気になる点

✕ MACに対応していない
△ U-NEXTや楽天ShowTimeに比べて作品数が約半分

DMM.com

DMM.com

DMM.comのTop画面

婚活からFX・レンタル・電子書籍と何でもやってる会社DMM.comです。

中でも映画やドラマを見るためのサービスは、DVDの宅配レンタルと動画配信の2本立てになっています。

動画配信サービスの大きな特徴は、アイドル動画やAKBのライブ生中継、更に20万点以上のアダルト作品など特にそっち系のジャンルに強い傾向があります。

作品数自体は、アダルトを除くと5万点ぐらいのタイトル数がありますが、ほぼ個別課金でのPPVになっています。月額見放題もあるのですが、映画見放題などはなく、アニメ・Fリーグ(フットサル)・アイドル・AKB・SKE・HKT・NMB辺りのジャンルを選択してジャンルの中の動画が見放題という感じです。

映画やドラマのジャンルだけで見ると1万本弱と他社のサービスと比べると少し少なくなります。料金は大体1作品300~500円ぐらいなのでまあ普通の料金設定でしょう。

視聴スタイル
最近はTVでの視聴もできるようになったのですが(2014年6月現在)全作品の内1割程度とまだまだ少ないので、基本的にPCかスマフォで見るようになると思います。(PSVitaでも可)

TVで見れる作品自体もTV画面での購入はできず、結局PCで購入してから見るというスタイルなので、TVを重視しているユーザーは選択できるサービスではないと思います。

『DMM.com』のまとめ
視聴可能機器TVスマフォタブレットPCPSvitaTV

映画やドラマはPPVでの配信数も少なく、マルチデバイスで見れる作品も更に少なくなるため、あまり映画好きには向いていないサービスではないかと思います。
やはりアダルト作品やAKBライブの生中継などは20万本以上と他社の追随を許さない圧倒的な量なので、アイドル好きの人や、「たまにはアダルト見たいよね」という人は登録する勝ちはあると思います。
登録自体は無料なので、とりあえず登録しておいて、好きな作品やジャンルがある場合に見るという状態にしておくのが賢い使い方だと思います。

良い所

◎ AKBなどのアイドル関係が強い
◎ アダルトコンテンツは業界NO1!
◎ 電子書籍やレンタルなど関係サービスが多いのでまとめたい人はメリット
◯ 新作に強い

ちょっと気になる点

✕ マルチデバイスにほぼ対応してない
△ 映画ドラマの作品数が少ない
△ サイトがごちゃごちゃして使いにくい

もっとTV

もっとTV

もっとTVのTop画面

民放の大手5社とNHKが集まり、それを電通がまとめるという形で運営されているのが『もっとTV』です。

参加企業は【日テレオンデマンド】【TBSオンデマンド】【テレ朝動画】【テレビ東京オンデマンド】【フジテレビオンデマンド】【NHKオンデマンド】

各社独自のオンデマンドサービスを展開していますが、『もっとTV』はそれらを横断的に利用できるようにしたサービスと思ってもらえると分かりやすしかもしれません。総作品数は8000作品ぐらいになっています。

視聴可能デバイス
民放各社がプロデュースしているだけあって、現在発売されているTVやレコーダーは初めから見れるようになっています。というか最近のテレビやレコーダーのリモコンには初めからもっとTV(VOD)のボタンがついています。

スマフォ・タブレットには対応しているのですが、アンドロイド端末だけでiPhoneには非対応というなんともお粗末なことになっています。更にPCでも見ることが出来ませんので注意しましょう。

料金体系など
基本的に各社の動画を個別で購入するという形で見ることが出来ます。各コンテンツ300円~500円ぐらい。

2014年には月額見放題サービスがスタートしました。月額972円で各社にまたがって見ることが出来るサービスなのでありがたいのですが、作品数自体はまだまだ少なく、300作品ぐらいしか無いのが現状です。

視聴スタイル
TVとスマフォで観覧できるようになっていますが、スマフォ・タブレットはアンドロイドだけになります。ストリーミング配信だけなので端末にダウンロードして見るのは出来ません。

『もっとTV』のまとめ
視聴可能機器TVスマフォ(Androidのみ)タブレット(Androidのみ)

TV局大手が作ったサービスなので日本のドラマやバラエティには強みがある。TV都の親和性が高く、視聴中のテレビから関連作品を検索したりと既存のテレビファンには便利な使い方ができるようになっています。
もともと連ドラなどテレビをよく見る人は、すぐに見逃し配信が見れたりと便利なサービスなので使う価値はあるかと。更に面倒な設定とかは必要なく今のテレビのリモコンボタンですぐに使えるてんもメリット。

良い所

◎ 日本ドラマは最強
◎ ボタンひとつですぐに使える
◯ 関連検索・見逃し配信などTVドラマファンには嬉しい機能が満載

ちょっと気になる点

✕ PCやiPhoneで見れない
✕ 見放題サービスの作品数が少ない
△ 操作性にやや難点

GyaO!ストア

GyaO!

GyaO!ストアのTop画面

もともとパソコン用の無料動画配信サイトを運営していたGyaO!が有料でのコンテンツ配信専用に立ち上げたのが『GyaO!ストア』現在でも無料の『GyaO!』は健在でとんでもない数の無料動画が配信されている。

どちらのサイトも先ずはYahooのアカウントが必要になりますが、登録しておくだけでかなりの数の無料動画が見れるのでオススメです。

『GyaO!ストア』に登録されている動画は映画・ドラマ・アニメ・バラエティなど1万作品以上ですが、作品数の多いジャンルは映画(洋画・邦画)アニメ、テレビ番組になっています。残念ながら海外ドラマは200作品もないので海外ドラマ好きはあまりよいサービスではないと思います。

視聴可能デバイス
PCとスマフォ・タブレット、TVで見ることが出来ますが、TVで見れる作品は限られています。全作品の約2割ぐらいしかTVでの視聴が出来ないのでこの点も注意しましょう。

料金や視聴スタイルなど
Yahooのアカウントで登録すれば全作品PPVで個別課金して見ることが出来ます。

更にYahoo!プレミアム会員になれば見放題になる特典もあります。既にプレミアム会員の方は登録すると有料の動画も見れるので登録するとお得ですね。ただし、全作品数の1割ぐらい(1,000作品)ぐらいなのでわざわざプレミアム会員になってまでという感じではないような気がします。まあ300円ぐらいなので安いですが。

月額課金での見放題も用意されています。ただ『GyaO!ストア』ではジャンルに特化した月額見放題なので、希望のジャンルがなければあまり魅力的ではないかもです。月額見放題の一覧はこちらの一番下に表にしてまとめています。「GyaO!ストア

他のサービスには無いジャンルは【宝塚チャンネル(月/1,620円)】【よしもと見ホーダイ(月/1,008円)】【任侠特選見放題(月/444円)】とかですね。もちろんメジャーなジャンルもあっておすすめは【ディスカバリー見放題(月/1,080円)】【ドラMAXアリーナ(月/980円)】です。

『GyaO!ストア』のまとめ
視聴可能機器TVスマフォタブレットPC

GyaO!を含めると無料で見れる作品が多いのが最大の特徴。続いて他サイトでは見られないようなジャンルがあることです。
Yahoo!アカウントさえあればすぐに見れるので敷居が低いのも魅力です。
おすすめのタイプは、「ジャンル見放題で好きなジャンルに合致する人」や「無料でいっぱい見たいけどたまには最新の映画も見たい」という人になります。作品数自体は多いので先ずは登録だけしておいてから考えるのがいいと思います。

良い所

◎ ジャンルの見放題が豊富
◎ GyaO!は全て無料なのでそれだけでも楽しめる
◯ TポイントやYahoo!ポイントが使う・たまる

ちょっと気になる点

✕ サイトががちゃがちゃして使いにくいかも
△ 作品数がやや少ない
△ TVで見れる作品が少ない

このページの先頭へ